桐生あんずです

エンジニア二年生です。日常やプログラミングについて書いてます。

川とピクミン

桐生あんずです。

これは川見てる Advent Calendar 2021 の18日目の記事です。 17日目の記事は id:walkure さんの「鴨川🦆べりで今日から始めるCircleCI - (。・ω・。)ノ・☆':*;':*」でした。鴨川懐かしいな〜と思ったら CircleCi 講座が始まって一粒で二度美味しい記事だなと思いました。私も 業務で CircleCI に大変お世話になっているので仕様について復習できてありがたかったです。

上記の記事で鴨川の写真を見て改めて感じたのですが、京都を離れてから川を見るために出かける、といったことはかなり少なくなりました。 一応近所に川はちらほらあるのですが、あまり情緒はないものです。

そんな中、「川」というキーワードを見て最近の自分が思い浮かべるものは「ピクミン」です。 なぜピクミンなのかというと、先月からピクミンブルームという万歩計アプリゲームを始めて歩数を稼ぎながらピクミンを集める生活を送っているのが関係しています。 このゲームでは、現実のマップとリンクしており、レストラン生まれのピクミンや公園生まれのピクミンなど分類されています。さらには、生まれた場所に合わせてピクミンの姿がちょっとだけ変わるので、それがコレクター心をくすぐられる仕様となっているのです。

その種類の一つとして「水辺」のピクミンがいます。名前の通り、川や海に生息しているピクミンで、ルアーを背負った姿をしていてなんとも可愛らしいです。 f:id:kiryuanzu:20211218120211j:plain

彼らが近所の川からたびたび発生するのが面白く、普段は川を気にしない生活を送っていますがピクミンが生まれるとちょっとだけいつもより川を意識してしまうのでした。

特に落ちはないのですが、最近の「川」に関する自分のエピソードはこんな感じです。もう少し生活が落ち着いたら京都の川を見に遊びに行きたいです。

次回の記事は id:walkure さんです。19日~22日の記事の担当者がまだ空いているので、気になった人はぜひ参加してみてください!