桐生あんずです

京都在住大学生のブログです。日常やプログラミングについて書いてます。

1月前半何やってたかのゆるいまとめ

桐生あんずです。

去年言ってたこれの実践編ぽいやつです。

割とゆるい文体で何やってたかを定期的に書いてこの時期何してたんだろうと自分でも振り返る狙いのヤツです。ハードルは下げたいので仕事まわりや勉強のこと以外に印象に残った日常的な話も書いていきたいと思います。

 

  • 帰省中にNHKの番組をよく見てた

 

 年明けは長野の実家にいたのだけれど、NHKの番組をちょくちょく見ていた。ねほりんぱほりんは総集編まとめの4時間半ぐらいのやつで久々に見ると面白かった。マッチングアプリ回が面白くて、マッチングアプリやったことなくても恋愛のまわりの葛藤とか過去の記憶の影響の話で共感できる部分が多くて良かった。

平成ネット史も父親と見ていて、UNIX板の話がすごく良かった。全体的に面白かったけれど、前半に出てきた話題の方が個人的に好きだったかもしれない。

あと録画していたNHKバーチャルのど自慢をなぜか母親が「面白そうだから見たい」と言い出して、一緒に見ながらこれがどんなものなのか説明するのが少しめんどくさかった。

 

  • Perl入門したりDB周りのことをチェックしていた

 再来週の土曜にYAPCというPerlのカンファレンスイベントに行けることになったので、さすがにPerlのこともうちょっと知らなきゃヤバいという気持ちになり正月明けの頭の体操も兼ねてPerl入学式の講義資料で入門し始めた。

www.perl-entrance.org

 文法についてももちろん詳しく載っているけれど、Perlの歴史やコミュニティのこと、現在はどういったように使われていることが多いか、といった情報も充実していて面白い。イベントまでには全部の資料触れるようにしたいですね。

 

HerokuのデフォルトがPostgreSQLを使う仕様だったので、今までの趣味プロダクトのDBはぜんぶPostgreSQLで運用していたのだけれど、今回はVPSでサーバーを立てて本番環境を構築しているので、勉強も兼ねてMySQLを使うことにした。その中で、使うDBを選ぶ基準って何だろうなーと思って調べてたら強いエンジニアの方々が優しく反応してくださり、めっちゃ為になる感じになっていた。

 

 ありがとうございます!!!

自分の中の結論としては、まずはまだあまり触ったことのないMySQLを使ってみて、PostgreSQLとの違いを体感で理解するところから始めようかなあという気持ちになりました。また、これはDB以外のことにも言えるんですができるだけ多くの人が使っているツールを触って困ったら質問しやすい状況を作っていくのが良いなあとなりました。

 

  • 「イシューからはじめよ」と「いちばんやさしいグロースハックの教本」を読んだ

色々があり、プロダクトマネージャー的な考え方をもうちょっと身につけたくてお勧めされた「イシューからはじめよ」を読んだ。

じっさいのところ、職種に絞らず為になる本だったと思う。

最初の方で述べられている、つい重要ではない問題から手をつけてしまい非効率的な生産をしてしまう「犬の道」の動き方が存在している話については、割とよくこれやってるかも……と反省してしまう部分があった。

楽な道だったり、今の自分のレベルで簡単にやれそうな所から攻めるのではなく、今重要な課題は何なのか、その課題はどういう理由で重要なのか、といったところを吟味して動いていくことで今後の立ち回り方をもっとよくできそうだなと思った。

これ年明けに読んだと思い込んでいたんですけど年明け前だったらしい。記憶が混同している。もうダメだ。

というのは置いといて、こちらもすごく良い本でサービス開発の中でどのような過程を踏んでいくとアクティブユーザー数を維持・上昇できるかをわかりやすく述べていた本だった。

最近グロースハックという言葉めっちゃ流行っている印象なんですが、もしその分野を勉強するならやけに分厚い本を読むよりかはこちらの本で軽くステップを踏んでいくのが良いかなあと個人的に感じました。(私自身グロースハックの本を読んだのはこの本が初めてなのでこれは超適当なボヤきです)

 

  • おざぶで人生最大に酔い潰れた

 

 

 

 とにかく情けない感じになっていますね。

ここまで酔ったのは初めてで、人前で吐くことはなかったにしろ酔いすぎて目が開けられなかったり女性陣の手を触りまくっていたりかなり恥ずかしい感じになっていたと思われます。参加者の方々お見苦しい所をお見せしました……。

反省点としては、ご飯をちゃんとお腹に入れていなかったことと、水を飲むペースよりお酒を飲むペースが早かったことだと思われます。あとヘパリーゼなどで対策も打っとくことで全然変わりそう。

 

ピクシブ株式会社さんのところで5日間インターンさせていただきました。

本当に良い体験ができて、ここだと語りきれないのでまた来週中辺りに報告エントリを書きたいと思います。ブログに書く許可も事前にいただけているので、良い感じに書けたらなと思います。 

 

 

 

また、インターン中はエンジニアの方やデザイナーの友達と飲みに行く機会も2回あり、お仕事の話や最近あった面白いことが聞けてすごく良かったです。

インターン中ということもあり、お仕事に対して本気でやっていきをしている人たちは本当にカッコいいと心の中でずっと思っていました。私もそういう社会人になれるように頑張りたい。

今後もこうやって同じ業界の同年代の人たちと飲みに行く機会増やせたらいいなあと思います。

 

そんな感じでした

そんな感じでした!!!!実家にいる間は生産的なことあんまりできてなかったなあと反省していたのですが、そのあとは勉強進めたり本読んだりインターンで頑張ったりで色々できたかなと思います。

1月後半は、バイト年明け初出勤を頑張る、もうちょっと趣味プロダクトのコード書く時間作る、YAPCに向けてPerlの勉強やっておく、そしてYAPC当日も楽しむ、という感じで過ごしていきたいと思います〜ワイワイ

2018年のやったことまとめ

桐生あんずです。あと数時間ほどで年が明けますが、滑り込みで2018年のやったことのまとめを書いていきます。冗長的になるのもアレなので軽めにしたい。

 

今年作ったもの

今年の9月にポートフォリオサイトを作りました。今年作った成果物もここに掲載してあります。

桐生あんずろぐ

ちなみにこのポートフォリオサイトはAWS S3(静的サイトのホスティング) + Route53(独自ドメインのリダイレクト設定・ドメインの購入はGoogle Domains) + CloudFront(ACMSSL証明書発行+HTTPS化)で構成されています。

成果物に関して具体的に軽く紹介するとこんな感じです。

WatsonというAPIを使ってオタサーの姫や囲いの人工無脳と会話するアプリケーション

1クリックで参加登録できるサクラ荘のイベント登録・参加受付サイト

アイドルがいいねを集める横スクロールゲーム(KMCのラピッドコーディング大会で会員の人からサポートを受けながら)

 

作ったサービスの振り返りに関しては記事の最後に書く来年の抱負の方で触れます。

 

今年もRubyKaigiに行った

永和システムマネジメントさんのRubyKaigi学生支援の抽選に運良く受かることができ、今年も行くことができました。実は人生初仙台でした。

kiryuanzu.hatenablog.com

このエントリでは 、様々なRubyistの人たちとの交流で刺激を受けたことで、「C言語の入門」「Ruby技術者認定試験を受ける」という目標が生まれたのですが、無事今年中にちゃんとこなすことができたので良かったです。来年の4月のRubyKaigi2019までにはGoldも受かりたいです。

「苦しんで覚えるC言語」でC言語を入門してみた - 桐生あんずです

Ruby技術者認定試験Silverに合格したので勉強法まとめと感想 - 桐生あんずです

今年スライド発表したもの

KMCOB会(2018/6)

今年の4月から入った京大マイコンクラブのOB会で文脈をよく知らないまま発表したLTスライドです。上記の成果物の制作秘話について話しているものです。

www.slideshare.net

ちなみにこれだけ地味に1590PVいってて謎です。

 

大阪Ruby会議01(2018/7)

大阪Ruby会議01で発表したLTスライドです。RailsGirlsコミュニティに入ってからどう人生が変わっていったのか、といった内容で技術ネタというよりかは勉強会コミュニティの意義について話したものです。

www.slideshare.net

「川はすごい」を大きなスクリーンに映し出せた時は内心超テンション上がってました。

 

RailsGirlsKyoto9th(2018/12)

最後はRailsGirlsKyoto9thでオーガナイザーをした時のLTスライドなのですが、RailsGirlsのオーガナイザーをやったことについての細かい話はまた後の項目でやります。

https://www.slideshare.net/KyokaFujiike/railsgirlskyoto9th-125674774

www.slideshare.net

 

プログラミング勉強会を運用し始めた

細かい話は以下のエントリでしています。

kiryuanzu.hatenablog.com

実はここから現在まで心境の変化が少しありました。

西尾泰和さんの「エンジニアの知的生産術」を読んでいく中で、

 

 

以下のような話が印象的でした。

この本の影響を受けて、こちらが一方的に教えるよりかは、参加者が勉強していることをscrapboxにまとめてもらうことやスライド発表してもらう機会を設けて知見共有の場を作ったり、もし参加者が困っていたら勉強方法や調べ方をアドバイスする、といったマネジメント寄りの運用方法に変えてみました。

割とうまくはいっているのか、いまでも勉強会グループにscrapboxに勉強記録やWebサービスのアイデアを参加者の人たちが書いてくれています。

また、上記の勉強会エントリを書いてからしばらくして、参加者の中で大学の情報系のアルバイトに受かる子やIT企業に内定が決まる人もいて個人的に嬉しかったです。

自分だけの力かは難しいところですが、やりたい勉強や作りたいもののアウトプットする場を仲間内で作ったことで参加者たちのモチベーションの支えになっているという意義はあるのかな、と感じています。

私が忙しめなせいでリアルで集まるのは月1くらいになっていますが、年明けはもっと色々やれたらいいなあと考えています。

 

RailsGirlsKyoto9thオーガナイザーをした

RailsGirlsKyoto9thのオーガナイザーをしました。具体的に何をしたかは以下のリンクから。

kiryuanzu.hatenablog.com

上記のエントリで言いたいことは全て書いてしまっているのですが、改めて書くと、インターネットを通して仲良くなった方々や、カンファレンス・勉強会でお世話になった方々と一緒にイベントを作るという本当に素敵な体験ができました。

今後もRailGirlsの活動に何らかの立場で関わることで、プログラミングに興味を持つ女性の方々やRailsGirlsの活動に興味を持ってもらえる人を増やすことができたらと思います。

 

バイトを始めて約1年経った

kiryuanzu.hatenablog.com

 

バイト先に初めて訪問させていただいたのが去年12月だったので、そこから計算するともう1年経っているのです。時が流れるのは早い……。

バイト先でチーム開発をしていく中で、技術面のことはもちろんなのですがコミュニケーションやタスク管理についても考える機会があり、Evernoteの個人メモでどういったことを大事にすべきかを書くこともありました。(そのメモをブログにあげようと思ったけど見返すとちょっと恥ずかしかったので推敲してまたあげます……)

 バイト先の業務をやっていく中で、エンジニアとして1人前になるにはまだまだだなぁ……と思うことがたくさんありますが、ユーザーのことを考えた上で機能を実装したり、自分が書いたコードがちゃんと動いたり褒められるのはやっぱり楽しいと思いながらやっています。

バイト先の忘年会などにも参加したおかげで、ITチーム以外の人とも打ち解けられ始めたのが個人的に最近嬉しかったことです。

 

ここからは技術ネタ以外の話をちょっとだけします。

 

・今年も同人誌/会誌の編集・寄稿をした + サークラ同好会アドベントカレンダーを主催した

今年もサークルクラッシュ同好会の会誌の編集/DTPをやりました。ぶっちゃけた話、そろそろ後任者を決めたいところです。Indesignを使える若者をサークラ同好会は待っています。(DTPのやり方も教えるので)

circlecrush.booth.pm

去年に続きアドベントカレンダーの企画もしました。

adventar.org

今年もパワーのある記事が集まったと思います。そういえば最近闇アドベントカレンダーというものを教えてもらいました。

こっちもそろそろ後任者を探しています。これはAdventarにアドベントカレンダーを登録して寄稿者を集めるだけなので編集よりは楽です。興味を持っている人は声かけてください。

大学の先輩たちと一緒に出しているグルメ本にも関わらせていただきました。

 

夏はアイスの本を出しました。

締め切りに対して焦りすぎてレモンケーキをアイスと思い込んで記事を書くという奇行をしてて今考えるとヤバいなと思います。

 

 

・二重整形をした+コスメに前より興味をもつようになった

実は今年で一番読まれたエントリでした。(1日で32780PVでした)

 

kiryuanzu.hatenablog.com

f:id:kiryuanzu:20181231174213j:plain

最近は母親にクリスマスプレゼントということでジルスチュアートのアイシャドウとリップを買ってもらったのですが、質の良さを感じまくっていて早くもデパコス沼に落ちそうです。

 

まとめ

実は割と不完全燃焼気味なイメージの1年だったのですが、広い目でみてみると

・成果物を公開してポートフォリオサイトを立ち上げた

・体を壊さずバイトを1年続けることができた

・初めてIT系イベントの主催を経験した

・40人以上が参加するカンファレンスでのスライド発表を経験した

・1日で数万PV数稼ぐ記事を数本投稿した

といった去年の自分がやれていなかったことをクリアしていて、あれっ意外となんか色々やっていたんだなとちょっとびっくりしました。

ただ、成果物に対してはもっと力を入れて精度の高いものを作ることもできたんじゃないかと後悔している部分があります。その反省も踏まえて今年の抱負や考えたいことを最後に書いておきます。

 

来年の抱負

色々書くとキリがないので1つだけにしておきます。

・初心者マインドを大切にしたい

実はこの1年は「プログラミングを勉強して1年ほど経つのにこんなことがわからない/できないのはやばいのではないか」という不安感が襲い始めた1年でした。周りと比べて自分ってどうなんだろうとつい強く意識してしまうことが以前より増えたと思います。

その中で、色々技術を触るうちに「私がまだちゃんと経験していないことはたくさんあってこれから知っていけばいいのだから、今不安になっても仕方ない」と思えるようになりました。深刻になりすぎず初歩的なことについてもTwitterで呟けるようになってきました。*1

話が長くなってきたのでまとめると、自分の未熟さをちゃんと理解して勉強記録を細かく残していくことを来年はやっていきたいです。具体的にはもうちょっと開発経過っぽい話もブログのエントリとして残したい。

最近だと、ConohaVPSでCentOS仮想マシンを生成してRailsのアプリケーションの本番環境サーバーを運用するために、Linuxコマンドを叩いてライブラリをインストールしたりvimで設定ファイルを編集してそのたびワクワクしているのでそれについてまた近いうち書きたいです。

自作サービスの精度を上げることに関しても、開発経過の情報を流してフィードバックをもらったり、知らないことに対して臆せず、まずは触ってみることが第一歩だと思うのでまずはそこからやっていこうと思います。

 

という感じです。今年は本当に色々な方々にお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします!!!!

*1:エンジニアのフォロワーさんたちはTwitterをしっかりみているので対面で話すと私がTwitterで呟いていた技術についてすぐ「ああ、あれやってたねー」とすぐに話を理解してくれるのでコミュニケーションも捗りやすいというメリットもあったりする

鯖の味噌煮と向き合う

桐生あんずです。

本記事はつくりおきアドベントカレンダー13日目の記事になります。頑張って当日に間に合わせたかったのですが、ギリギリ間に合いませんでした。ごめんなさい。

昨日はid:papixさんの「強くなれなかった麻婆豆腐」でした。これからきっと強くなるはずです!

tsukurioki.hatenablog.com

adventar.org

 

 

去年のつくりおきアドベントカレンダーの記事は、地元の長野県の郷土料理である「鯖とタケノコ汁」について書かせていただきました。

 

kiryuanzu.hatenablog.com

サバタケ*1も大好きですが、常日頃からサバの缶詰を食べたり、時には自分でサバを捌いたり*2、割とサバが身近にある生活だったりします。

というわけで、今年も鯖にちなんだことについて書きたいと思い、サバの味噌煮を作ってみようと思います。

 

実は先日も鯖の味噌煮を作ったのですが、調味料の調整がうまくいかなかったのか、結構サラっとした感じでとろみが薄くなっており、普段食べているサバの味噌煮の缶詰と同じような味を出すことができずずっと気にかかっていました。

 

サラッとした鯖の味噌煮もそれはそれで良さがあるのですが、こういうとろみのあるサバの味噌煮がすごく好きなんです。

f:id:kiryuanzu:20181214003801j:plain

イメージ画像(普段食べているセブンイレブンの鯖の味噌煮の缶詰)

 

 

というわけで、今回はとろみのあるサバの味噌煮を作れるよう頑張ります。

 

とりあえず、まずは参考になりそうなレシピを探そうと思って調べていたところ、「#つくりおき」にこんな素敵記事が。

tsukurioki.hatenablog.com

最強感ある記事内容です。id:UDONCHANさんはすごい。

この記事も参考にさせていただきながら、作ってみようと思います。

 

f:id:kiryuanzu:20181213234327j:plain

主な材料たちです。

 

f:id:kiryuanzu:20181213234304j:plain

切りました。皮に切り込みを入れるのが結構重要みたいです。(熱が加えた時身を反らないようにするため)

 

f:id:kiryuanzu:20181213234318j:plain

 

 血合いや脂を取り除くために熱湯をかけている様子です。でも最初から血合いはそんなについていなかった……。

 

f:id:kiryuanzu:20181213234252j:plain

 

最初に水300ml、料理酒100ml、砂糖大さじ3杯程度、しょうがをお好みの量で入れて、沸騰するまで中火にします。

 

f:id:kiryuanzu:20181213234226j:plain

すごくどうでもいいのですが、砂糖を使わなすぎて表面が固まってしまい取るのがちょっと大変でした。もっと料理した方が良さそう。

 

f:id:kiryuanzu:20181213234209j:plain

沸騰してきたので鯖を投下しました。皮を上向きにするのが大事らしいです。アクが沢山出るのでちゃんと取った方が良さそうです。

 

f:id:kiryuanzu:20181213234219j:plain

アクを取っている間に、ネギも切っておきます。これは九条ネギです。白ネギでも良かったのですが、個人的に九条ネギの方が好きなのでそっちを買いました。

 

f:id:kiryuanzu:20181213233924j:plain

アクが少なくなってきたら、味噌を入れます。鍋にそのまま入れると、溶かすのがちょっと大変そうなのでまずはボウルに入れて、鍋の汁を1杯すくって味噌と混ぜ合わして半液状にしてから入れました。

 

f:id:kiryuanzu:20181213234300j:plain

中火でじわじわ煮ている様子です。結構それっぽくなってきました。

f:id:kiryuanzu:20181213233909j:plain

ネギも入れてみました。美味しそうな見た目になってきています。
写真だと分かりづらいですが、まだ少しだけサラッとしている気がします。

 

細かい分量を調べる時に、以下の記事を参考にしたのですが、どうやらこの記事によると『味噌を溶き入れて再度沸騰したら、鍋を火から外して1時間以上冷ます(=味を染み込ませる)。それから火にかけて煮詰めていく」という過程を入れると、味が美味しくなるとらしい。

 

www.sirogohan.com

 

せっかくなのでやってみましょう。

f:id:kiryuanzu:20181213233849p:plain

1時間はちょっと長いので、45分にしました。(どうでもいいけど、なんでこの時4G回線にしてたんだろう)

待ち時間として考えると、ちょっと長い気もしますが、この時間の間にスマブラで遊んでいたら、あっという間に45分経ちました。(3体ぐらいキャラを出すことができました。嬉しい)

 

f:id:kiryuanzu:20181213234247j:plain

鍋の見た目は汚くなっていますが、とろみがさっきよりもついたように見えます。

 

 

f:id:kiryuanzu:20181213234323j:plain

15分ほど鯖の上に煮汁をかけつつ煮込んでみると、さらにトロっとした見た目になりました。

 

f:id:kiryuanzu:20181213234307j:plain

一切れ食べてみる。

 

結果は…

ちゃんと鯖の身に味が染み込んで、汁もとろみのある味わいになっていました!!!!

甘さも効いてて鯖の味噌煮らしい味になっていました。

割と不安だったのですが、なんとか成功して良かったです。

 

 

f:id:kiryuanzu:20181213234241j:plain

もう時間も遅いので、タッパーにいれてつくりおきにしました。明日(もう今日ですが)の朝ごはんと晩ごはんになることでしょう。冷凍保存してから食べると、さらに美味しくなるとの噂なので楽しみです。

 

無事ちゃんと作ることができて良かったです。

美味しく作るためのコツのイメージですが、

  • 味噌や砂糖は多めが良さそう、味噌を入れた後はとろみがつくまで弱火〜中火でじっくり煮込む
  • 余裕があれば時間を置いて味を染み込ませる

を大事にすると良さそうな気がしました。

ただ、id:UDONCHANさんの記事では味噌を入れた後は強火でガッと煮詰める方法を取っているので、色々なやり方があると思われます。

(今回も強火でやってみても良さそうだったけど、自分の料理スキルレベルだと焦げそうで怖くてやれなかった……)

 

でもとりあえず、鯖の味噌煮リベンジ、一応成功です。やりましたね。

 

次の担当の方はid:nhayatoさんです!

 

料理に関係ないようで関係ある宣伝

実は毎回コミケで大学の先輩たちとグルメに関する本を出しています。なぜ去年は宣伝しなかったんだろう。

今回は京都出身の美食家の北大路魯山人にまつわるネタ本です。

ノー勉強で実体験の知識のみで京都検定3級を取ったレベルで京都ネタが大好きな母親が手伝いたがってるので、母親の手を借りつつ魯山人にまつわる料理(鮎料理とか)を作るレポ記事を寄稿する予定です。魯山人の食に関する作品の評論記事や、豆腐の3DCG記事なども載るという噂です。

場所は3日目東Q41-aです。よろしくお願いします。

 

 

 

*1:鯖とタケノコ汁の公式略称

*2:ギャグではないです

RailsGirlsKyoto9thのオーガナイザーをやったら本当に素敵な体験ができた

 

桐生あんずです。タイトル通りのお話です。

 

1,はじめに

2018/12/8~12/9に「RailsGirlsKyoto9th」という、女性のプログラミング初心者向けのRails勉強会を主催させていただきました!

railsgirls.com

去年の3月に開催されたRailsGirlsKyoto7thでは参加者として関わらせていただきましたが、1年半の時間が経ち、今度はまさかのオーガナイザーの立場として関わらせていただくことになりました。

kiryuanzu.hatenablog.com

 

本当に素敵な体験をさせてもらったので、色々語りたいことがあるのですが、せっかくなのでまずは今回オーガナイザーとしてどんなお仕事をしたのかをお話してから、そこから今回の良かったことや思ったことについて書かせていただきます。

ではよろしくお願いします!

 

2,オーガナイザーとして主にやったこと

企画立ち上げ

実は去年の12月くらいからオーガナイザーをやってみたいという気持ちがじわじわと産まれていました。

でも、どこからスタート切ればいいんだろう?と思いつつ、今年参加したRubyKaigiやLT発表をさせていただいた大阪Ruby会議01でお会いした関西のエンジニアの方々に「RailsGirlsKyoto9thやってみたいです」となんとなく話を降るようになり、共通の知人内で「あんずさんがRailsGirlsをやろうとしている」という話が出始めるようになった時、こんなことがありました。

 今年の9月に参加したKC3という関西の情報系学生サークルの交流イベントで女の子たちと話したことがきっかけで一気にスイッチが入り、7thの際に運営側として関わっていらっしゃったid:nyanco15さん(当時のオーガナイザー)とid:Pasta-Kさんに連絡を取り、開催日をガッと決めて本格的に始動しました。

立ち上げのまでの流れはこんな感じです。やけに長くなってすみません。そしてモチベーションスイッチをつけてくれたKC3さんありがとうございました。

 

1,2ヶ月ほどかけてせっせと準備をし、そしてあっという間に当日に……

 

1日目はみんなで飾り付けをしました

開催場所は、7thの時と同じくNota.Incさんのオフィスをお借りしました!本当にありがとうございました。

RailsGirlsは2日間構成で、1日目は夕方からスタートし参加者とコーチの方で一緒にRailsの環境構築をします。

その合間や終わった後に、アイスブレイクとしてみんなでパーティの飾り付けを行いました。実は7thの時もやっているので、プチ恒例行事となりました。

風船を膨らませてマスキングテープで壁にくっつけたり、折り紙でリングや折り鶴を作ってテーブルや液晶の上に飾ったりしました。

 

7thの時は風船をちゃんと膨らますことができていたのに、肺活量が減ったのか9thの時は頑張っても全く膨らまなくてしょっぱなからオーガナイザーの情けないところを見せつけてしまうというお恥ずかしい場面もありました……。

 

オープニングの挨拶

www.slideshare.net

こんなLTスライドを2日目前夜にせっせと作っていました。(結果的に睡眠時間が3時間になりました。)

うまく話せるかちょっと不安でしたが、RailsGirlsの魅力の断片を伝えることはできたとは思うので、話すことができて良かったです。

 

ロゴデザイン制作依頼とロゴグッズの作成

RailsGirlsイベントの看板ポイントにもなるロゴですが、京都のフリーランスのデザイナーさんのid:kewpie_designさんにロゴ制作を依頼させていただきました。

 京都のお寺の円窓のデザインを取り入れて、宝石のルビーのデザインを組み合わせることで、京都とRailsGirlsの雰囲気を醸し出した本当に素敵なデザインだとすごく思います!

id:kewpie_designさんとは、実は偶然にも7thの時にフォローしていただいた頃から親交が始まり、今現在もずっと仲良くさせていただいてもらっているのでこうやって一緒にRailsGirlsのイベントに関わることができる機会に恵まれ、個人的にすごく嬉しかったです。

グッズ作成に関しては、

  • ステッカー
  • Tシャツ(GMOペパボさんスポンサー)
  • アクリルロゴブロック(GMOペパボさんスポンサー)
  • 吸着ターポリン(GMOペパボさんスポンサー)
  • アイシングクッキー(Nota.Incさんスポンサー)

の上記5つの作成をさせていただきました。こう見るとめっちゃ多くてすごい。グッズスポンサーを担当していただいたGMOペパボさん、Nota.Incさん本当にありがとうございました!

 

 

 

どのグッズも本当に可愛くて、実物を見た時に「作ることができて本当に良かった…!!」とちょっと感動しました。

アフターパーティでアイシングクッキーの実物が公開された時は、みんなで「えっめっちゃ可愛い!!!!」としばらく盛り上がっていました。

イベントは終了しましたが、ペパボさん作成のグッズに関しては、railsgirlsのsuzuriページにて閲覧・購入することもできます!

Rails Girls Japan ( railsgirls-jp )のオリジナルグッズ通販 ∞ SUZURI(スズリ)

 

様々な方々(スポンサー・コーチ・スタッフ等)とのやりとり

今回は、7thの際にもスポンサーになっていただいたNota.Incさん、はてなさん、HappyElementsさん、9thでは新たにLINEさん、GMOペパボさんにもスポンサーになっていただきました。本当にありがとうございます。

スポンサーLTも本当に大盛りあがりでした。

 

 

 

イベント準備期間でスポンサーさんやコーチの方々を集める段階の際、ちゃんと集められるかすごく不安だったのですが、7thから親交のあった方々やRubyKaigiや他の技術イベントで知り合った方々にスポンサーの繋ぎをしていただいたり、コーチとして参加していただいたり、たくさん協力していただきました。

今まで好奇心と勢いで参加していたイベントばかりでしたが、そこで縁が生まれた人たちとこうやって新しいイベントを一緒にやる展開が発生するのは、言い方がアレですがめちゃくちゃエモい気持ちになりました。

もちろん今回のイベントで新しく知り合えて仲良くなることができた方々も何人かいて、これからまたみんなでご飯に行ったり、ITイベントでお会いできたりする機会のことを考えるとすごく楽しみです。

 

スタッフとして参加していただいたid:nyanco15さん、id:spring_akiさん、id:mas-higaさんにも様々な助言をいただきました。初めてでわからないことばかりで迷惑をかけたこともあったと思うのですが、それでもずっと暖かく見守っていただき本当にありがたかったです。

 

全体的に楽しいイベントになりました

 7thの時にもやっていたくす玉でお祝いの風景です。みなさんすごく嬉しそうでした。毎回楽しそうにくす玉を持ってきてくれるid:Pasta-Kさんのプレイングもめっちゃ良かった。

 関西RailsGirls恒例のカヌレカヌレおじさんことid:mas-higaさん、ありがとうございました!参加者やコーチの中はカヌレを初めて食べる人もいて、「えっこんな食感だったの」とびっくりする人もいて面白かった。

 

アフターパーティもみんなでワイワイしました。

学生同士や先輩エンジニアさんと一緒になって就活の話をしたり、エンジニアのキャリアに興味を持ったことを熱意持って語ってくれる社会人の方、インターネットのすごい人の面白情報を共有する会や、新しい勉強会を立ち上げるぞ!!とムーブメントが発生したり、とにかく大盛り上がりでした。

オーガナイザーはいろんな人に励まされたり褒められたことで、嬉し泣きしかけて二回ぐらい涙ぐむアレな人になってました。中締めの言葉をやらせていただいた時も、感極まって泣きかけてました。泣きすぎや。

最終的にはスマブラをする会になりました。めっちゃ楽しかったので自分もスイッチとソフト欲しくなりました。

 

会の雰囲気は全体的にこんな感じです。もっと詳細が気になる人は私に直接聞いてください!!!

 

やってみて思ったこと・考えていたこと

会の報告だけで5000字になっていて既にそこそこ凄い文章量になっていますが、後少しだけ語らせてください。

 

RailsGirlsのオーガナイザーをやりたいと思ったのは「私が参加したRailsGirlsで味わった素敵すぎる体験をいろんな人にも味わってもらいたい」というのが最初のきっかけでした。本当に素敵すぎたので。

 

ただ、その当時はRailsGirlsの中で重要になってくる「女性向け」「初心者向け」という要素について深く考えることができていなかったと思うので、本格的に準備を進めるにあたって一度深く考えてみました。

このイベントは魅力的なコーチの方から直々にプログラミングを教えていただいたり、Web業界についての面白さもたくさん教えてもらえる大変の貴重な場なので、性別が男性の人であっても、その恩恵を受けて問題ない部分はあるのかもしれない…、と少し唸りつつ考えていたら、RailsGirlsOsaka5thでコーチとして参加していたid:JunichiItoさんがこのような記事を書かれていました。

blog.jnito.com

 

イベントが終わった後のアフターパーティ(懇親会)で、Rails Girlsに何度も参加されている女性コーチの方に「女性限定じゃないとダメなんですか?男性も参加できるようにしちゃダメなんですか?」と尋ねてみました。 すると、以下のような回答が返ってきました。

(注:すいません、以下の回答は若干うろ覚えなので、回答してくれたコーチの意図を正確に反映できていないかもしれません)

・日本のITエンジニアの世界は、まだまだ比率的に男性の方が圧倒的に多い

・いろんな勉強会や初心者向けのイベントもあるが、そういった場所でも男性が多いので、(主催者がいくら「女性でもOK」と強調しても)女性にとっては敷居が高い

・たとえば、逆の立場になって、料理教室に通うことを考えてみてほしい。料理教室は通常、女性が多い。

・「女性の中に男性が1人」という状況でも、躊躇なく参加できますか? ・そんなときに「男性のための料理教室」というイベントがあったら、気軽に参加しやすいと思いませんか?

なるほど、たしかに料理教室の例で考えると、「男性のための料理教室」の方が僕にとってはハードルが低いように感じますね。

Rails Girls Osaka #5 に参加して、女性限定イベントであることの意味を考えた #railsgirlsosaka - give IT a try

 この記事に書いてある「男性のための料理教室」という言葉を見て、すごく腑に落ちました。

 

自分の場合、今までのネット体験のせいで年上でも異性でも遠慮なくドカドカと話しかけてしまう性格なので、「男性が多いコミュニティに行きづらい女性の心理」について深く考えられなかったことにも気づきました。

 

今回の参加者の方々に直接聞くことはしませんでしたが、「初心者の女性かつプログラミング未経験」という、参加者の対象を限定した条件だったからこそ、安心して足を運んでいただいた方々はいらっしゃったかもしれません。

 

私の友人で、RailsGirlsのコーチ経験のあるid:hidesysさんもアファーマティブ・アクションに観点を置いてわかりやすく考えを述べていらっしゃるので興味のある方はこちらもぜひ。

hidesys.hatenablog.

 

最終的に何が言いたいかというと、RailsGirlsという場の特性のおかげで、ITエンジニアの道に興味を持ち始めた女性は確実にいると感じています。

私自身も、7thに参加したことでWeb業界に強く魅力を感じ、プログラミングやWebサービスにハマり続けて気づいたらこんなことになっていました。

また、それは別に私が特に珍しい存在なわけではなく、RailsGirlsがきっかけでエンジニアの道に進んだ人、進もうとしている人をイベントで実際にお会いすることが何度もあります。

そういった事実を踏まえると、RailsGirlsのコミュニティが支えになっている人たちは確実に存在していて、今後もIT技術者の女性を増やす場として回っていくのだと思います。今回その一端を担うことができていたとしたらすごく嬉しいし、今後も色んなポジションで盛り上げていきたいです。

オーガナイザーもすごく楽しかったのですが、教えるのも大好きなので機会がある時はコーチの立場も経験してみたいです。

 

今回オーガナイザーをしたことは、エンジニアとして技術的に成長する話とはまた違うと思いますが、様々な立場の方とコミュニケーションを取りつつスケジュール調整や会計管理に気を配り、イベントの運営をやり切ったことは本当に頑張ったなあと思える自分がいて、ちょっとだけ自信の糧になりました。

とは言いつつ、本来は不器用でまだまだ未熟な大学生だと思うので、1人の力では絶対にできなかったと思います。

今回の会がここまで素敵なものになったのは頼り甲斐のあるコーチ・スタッフの方々、学習意欲と好奇心に溢れた参加者さんたちと一緒に作りあげることができたからだと強く感じています。

という風に、オーガナイザー自身もすごく楽しいイベントになりました。参加者の方々、コーチやスタッフの方にも楽しんでいただけていたら、本当に嬉しい限りです。

ありがとうございました!!!!!

 

 

合わせて読みたい

 

nyanco15.hatenablog.com

7thでオーガナイザーをしてくださったid:nyanco15さんの記事です。今回もスタッフとして様々なサポートをしていただきました!!!! id:nyanco15さんのサポートがなかったら、適当になりすぎて破滅していた時があったかもしれません。

また、会期中のNotaオフィス環境の平穏は主にこの方のおかげによって保たれていた気もします。本当にありがとうございました。

次また京都でRailsGirlsがある時も一緒に何かできたら嬉しいです!

 

blog.hokkai7go.jp

今回、フリーコーチをやっていただいたid:hokkai7goさんの記事です。朝のコーヒータイムの時にいつまでたってもおにぎりを食べ終わらそうとしない私を心配してくれたり、アフターパーティでは沢山褒めてくださったりで、ちょっとだけパパみのある人だ…!!と心の中でこっそり感じていました。ありがとうございました。

日本酒好きな人集めておざぶいきましょう!

 

-化粧再入門-「化粧のやり方がわからねえ」となった時にやっている5つのこと

 

桐生あんずです。

ここ最近ブログが書きたい&化粧とコスメの話がしたい衝動に駆られてるので書きます。

 

0, 前置き

私のTwitterをフォローしている方々はなんとなく分かると思うのですが、最近めちゃくちゃ化粧にハマっています。

 

 

 

 これには実は1つ理由があって、先週二重整形しました。

元々一重かつアイプチ仕様で、どんなに頑張っても「化粧薄めですよね」と言われて厳しい気持ちになる目の形でした。

しかし、二重になって今まで通りのメイクをしたら鏡の前にめちゃくちゃメイクの濃い人間が立っていました。

「これはヤバい」と思い、メイクのやり方を模索する毎日が最近始まりました。

 

自分の中では重大案件だったわけで、去年から続けているサークルクラッシュ同好会アドベントカレンダー1日目で発表するぞ!!とこっそり息巻いていました。

よくよく考えたら他の人からしたらそうでもないだろってことに段々気づいてきたのと、早く化粧について話がしたくなってしまったので、この記事で情報を初公開することにしました。

アドベントカレンダーの方には一重・アイプチコンプレックスの話と二重になってからの心理面における変化について書きます。興味ある人読んでね。12/1公開です。

 

1, はじめに

今回はタイトル通り、化粧のやり方について困った時どうしているかの話をします。

タイトルの「化粧のやり方がわからねえ」というのは、「コスメの使い方自体が分からない」というより、「どんなコスメを使ったら自分に合った化粧ができてるのか分からねえ」という文脈のお話です。

 

私のケースを挙げると、上述の「一重から二重にアップデートしたら、今までの化粧のバージョンだと対応しなくなった」問題により急速に対処しなければいけなかったわけなのですが、正直一重アイプチ時代も「これ本当に合ってるんだろうか」と思いながら模索してきた日々だったと思います。

そんな中である程度様々なプロセスを辿っていくうちに、「これをやると良いのかもしれない」という行いが自分の中で見えてきたので今日はそれについて箇条書き形式で書いていきます。

個人的な主観・経験で書いている話なので参考になるかは自信があまりありません……。

むしろ、この記事を読んでいただいてから、「○○をやれ!!!!」とブクマコメントやTwitter引用等でアドバイスをしてもらえるのをめちゃくちゃお待ちしたい気持ちで書いています。

では始めていきます。

 

2.1, まずはとりあえず試してみる

まずは、道具がないと始まらないのでとりあえず試してみています。

「試す」といっても、2つのケースがあると思っています。

  • ケース⑴

1つめのケースとして、まだあまり使ったことがないけれど、試してみたいジャンルのコスメを、キャンメイクやKATE等の定番のプチプラコスメブランドで買って入門するような「試す」のやり方があると思います。*1

最近だと、マット型のティントを試してみたくて、キャンメイクのリップティントマットのローズを買いました。かなり発色が良くて夜までずっと取れなくてびっくり。エチュードハウスのティントもお勧めされたので、そっちも試してみたい気持ちになっています。

多分この道を辿っていく人が多いと思うのですが、初めて触るジャンルのコスメを実際に使うと、自分の顔に起きる変化や効果にワクワクしますよね。

そこから、気に入ったら買ったコスメを使い続けるのでも良いし、もし新しいものに試したくなったら、別ブランドの同じジャンルのコスメや別系統の色を使ったものにも手を出して新しく試していく面白さがコスメ集めの楽しみの1つになっている気がしています。

 

  • ケース⑵

2つめのケースの「試す」は、ケース(1)の後半で述べている「入門レベルまでには達したから同じジャンルの別ブランドのコスメも触ってみたい」の状態まで来た時の話です。

つまりは、とりあえず入門レベルまでには達したけど、今のやり方が自分に合っているか微妙かもしれないのでやり方を変えてみたいという欲求も起きてくる時期です。

 

自分の場合は、一重のコンプレックスが強すぎたこともあり、「いかに自然かつ大きな目になれるか」を重点的に考えてきたせいで、アイプチ・アイテープコスメに対して試行錯誤をずっと繰り返してきました。

3年間ぐらい様々なアイプチを試しまくって、最終的にはガールズメーカー エタニティアイテープ を貼ってからアストレア ヴィルゴのアイビューティーフィクサーWPを塗ってその後KATEのダブルラインエキスパートで二重線と涙袋を強調することで擬似二重を作るのが、一番目が大きく見えてかつごまかしやすいという結論に至りました。

その結論に達して1年間ほどそのやり方を続けてきたのちに結局二重整形したのですが、その話は今回の本題から逸れるので違うところで書きます。

 

微妙に言いたいことが逸れてきていそうで怖いのですが、要は「これケバくないかな」「これ不自然じゃないかな」というような入門してから新たに発生してきた事象をどう対処するかを考えていきながら「試す」ということがケース(2)の状態です。

 

ケース(2)を完全に対処するには、もちろん新しくコスメを買っていくのも大事ですが自分の判断だけでただ様々なものを「試す」だけでは難しいところなので次ではそれらの問題に対して取り組むための話を2.2の章からしていきます。

 

2.2 「ぶっちゃけ今のメイクどう思う?」って聞ける人に聞いてみる

これを読んでいる方、「自分のセンスではこのメイクは人前に出せるとは思うけれど、他の人から見たらどう映ってるんだろう」って思ったことはありますか。私はたまにあります。

そういう時は、とりあえずお互い色々と気を遣う心配がなさそうな人たち*2にぶっちゃけてもらう方法をとってみています。

これは場合によってはかなり辛口なコメントをされてそこそこ精神的なダメージ(今までの自分のアイデンティティーの崩壊など)を受ける場合があるので、「自分のメイクに気になる部分はあるけれど今は傷つきたくない時期だ」という人にはお勧めしません。多分。

 

先日二重整形施術してダウンタイムも終了した後に、前の目の形を知っていてかつ二重整形したことを知っている人に会ったので「ぶっちゃけ今の見た目はどう思う」と聞いたら、

二重線がはっきりするようになったから前よりメイクが濃いように見える

「その目自体は問題ないと思うけれど、今のままだと目が強調されすぎるからアイライナーしなくていいと思う

すっぴんの方が違和感ない

赤っぽいアイシャドウしていると濃く見えるから薄いピンクでいいと思う

という感じなレビューをされました。(他は全部分かるんですが、「すっぴんの方が違和感ない」という発言は普通は喜ぶべきのはずなのに化粧を評価してもらいたい状態だと微妙にショックがあった)

ただし、レビューをした人の価値観によるものなので「そういったように見えることもある」という風に受け取るぐらいが良いと思います。

今回の場合だと、今の化粧だとそういう風に見られることもあるかもしれないから、もっと違和感のないナチュラルメイクも覚えていこうという教訓が得られたような感じです。

 

人の価値観は皆それぞれなので、この方法が完全に正しいかは難しいところですが、自分のメイクに悩んでる時にお世辞無しの「ぶっちゃけ」を入れてもらうことによって、見えてくるものがあると思うのでやってみると結構面白い気がします。

また、辛辣な「ぶっちゃけ」を受けたとしても、「でも私はこのメイクがやっぱり好きだ!!!」と開き直ることがあってももちろんいいと思います。

人からの印象を操作するためのメイクも大事ですが、自分が好きなメイクをすることも同じくらい大事だと個人的に思います。

 

2.3 Twitterでコスメについて呟く

ここ数年感じていることなのですが、コスメについて悩んでいること・やってみたことを呟くと高確率でコスメが好きそうな人からリプライ(空リプも含む)・いいねをいただきます。毎回大変優良なアドバイスをいただけるので本当にありがたい。共感してもらえることもあるので承認も満たされます。最高の現象っぽい。

最近、どんどん社会人女性のフォロワーさんが増えている(学生から社会人になったフォロワー含む)、みんなコスメに詳しくて本当に強いなと思って眺めています。(もちろん大学生からコスメにめちゃくちゃ詳しい子もいます)

私も早くこの留年大学生活を卒業してコスメ集めが趣味のOLになりてえ……。

 

2.4 デパコス系の店舗でアドバイスをもらう

ちょっとハードルが高く、コストがかかる時もあるのですが、プロの視点からアドバイスをもらえるので、2.2の行動よりもパフォーマンス力が高いかもしれません。

ただ、化粧についての知識が浅い・どこに手を加えたら良いのかわからない時にいくとどういったアドバイスをいただいたら良いのかわからなくなってきてしまい、未だに個人的にハードルが高い印象です。皆さんどうしてますか。

 

それでもとりあえず、まずは実践だと思い、MARRY QUANTに今日行ってみました。

今回は「何を聞いたら良いのかわからない状態」になることは避けるために、正直に「先日二重整形をしたんですけど、一重の時のメイクとは大きく違ってて、どうしても濃くなってしまって困ってます。特にアイシャドウとアイライナーがわからないので、その2点についてもしよければやり方とお勧めの色を教えて欲しいです。」と店員さんに伝えました。

開口一番で二重整形の話をしてくる女、微妙に異常っぽい気がするのですが自分のトークレベルだとそうするしかなかった。

とりあえずその後はデパコスの店舗によくありそうな椅子に座らされてアイライナー(フェルトペンで描きやすいやつ。確かに今まで使ったプチプラコスメにない質感があるようなないような)を軽く引いてもらい、「まつ毛の間を埋めるくらいで大丈夫ですよ」とアドバイスをいただいた。

アイシャドウに関しては、使ってみたい色を聞かれて微妙に困りそうになったので、「濃いピンクや赤にしすぎると濃い印象になってしまうらしい」と付け加えて話したところ、「ナチュラルメイクにするなら茶色メインが良いかもですね」と言われて、

アイオーブナーのFP-06とアイオーブナーのM-05をお勧めされて、アイホールやキワの説明を受けながら実際に試させてもらったところ確かにナチュラルメイク感ある目の雰囲気になったので購入した。*3

f:id:kiryuanzu:20181117232439j:plain

実際、買ってよかったとは思うのだけれど、いかんせん学生からすると少し値段が高いと感じてしまうため、メイクの見た目自体を重視するのなら、人やネットからのアドバイスを参考にしつつプチプラコスメで自分がやりたいメイクを構成していくのがコスト的には優しい気がしている。

 

本当にデパコス初心者すぎて文脈を理解していないだけかもしれないのですが、コスメをどんどん好きになっていくと「○○のブランドのコスメを買って快感に浸る」というステージが存在しているのをなんとなく感じています。

 

私のレベルだと、「デパコスに興味はあるけれど、何も考えずに買ってしまうとコストがかかりすぎるのと、それに相応するリターンがよくわからなくて手が伸ばしにくい」という状況になっているので、コスメ集め自体がもっと楽しくなってお金に余裕があるとそういった欲求が発生する可能性があるんだろうなと思っています。

早く大学を卒業してコスメ集めが趣味のOLになりたい。(2度目)

 

2.5 コスメ好きの人たちのエントリや呟きを眺める

「私が使っているコスメ」系のエントリを発掘したり、Twitterだと「#オタクコスメ」などのハッシュタグを検索することで、お勧めコスメ情報が無限に得られます。

最近読んだコスメエントリは以下の記事がめちゃくちゃよかったです。

plan-j.hatenablog.com

こういった風に、「私が普段使っているコスメセット」を見るとめちゃくちゃ勉強になります。自分が使っているコスメがあるとちょっと嬉しい。

ちなみに、インターネットを適当に眺めていると、ジャニオタや舞台オタの人たちはコンサートにいく時にすごく頑張っておしゃれをする層が存在しているようで、めちゃくちゃコスメに詳しい人が一定層いるイメージが個人的に付いてきています。

実際に、ジャニーズ系のグループが好きでよくイベントに行っている1個下の後輩の子は普段のツイートを見ているとコスメについてすごく詳しそうだなと思うので、アドバイスをめちゃくちゃ聞きたい気持ちになっています。(聞きたすぎて12月に会う予定を作りました)

 

あと、先ほど紹介したTwitterから発掘できるオタクコスメ系の画像ツイートも、おすすめプチプラコスメを知りたい時等にすごく参考になります。後、ネタとして推し作品を紹介画像の一部に挟み込むという芸をやっている人をちょくちょく見るんですが、サブリミナル効果っぽくて面白いです。

 

はてなブログに上がってくるコスメ系のブログ記事を読んでいると、自分がやっているメイクとは別世界すぎる(特に肌周りのベースメイクなど)ので、読んでてよくわからなくなってくることもあるのですが、いつかの参考になると思ってちょくちょく読んでいます。

お知り合いの方々のコスメ記事を読むのも「あの人これ使ってるんだな〜」という気持ちになれて楽しいので好きです。

 

3.まとめ

 そんな感じです。二重整形してから化粧に対する考え方がそこそこ変わってきて、「最低限人前に見せられる顔にするためのもの」から「色々なコスメを試して顔の雰囲気を状況に応じて変えて楽しむもの」になりました

記事タイトルに書いてある「化粧再入門」という言葉ですが、上記のような価値観の変化 によって、まさに「再入門」している感覚で楽しんでいます。

人それぞれ楽しみ方があると思うのですが、多角的に情報を仕入れてから、実際に試して自分の顔の変化を楽しんだり、新しいことを試して顔の雰囲気を変えてみる一連の流れが本当に面白くてハマっています。

というわけで早くコスメ集めが趣味のOLになりたいです。読んでいただいた皆さまありがとうございました。

 

*1:ぶっちゃけ入門といっても最近のプチプラコスメはかなり使えるものがたくさんあるので、それでずっと対応することも可能な感じがあります

*2:親、昔からの友人、よく会う人等

*3:これは余談になるのだが、アイホール色になる白カラーのアイシャドウも試していたので、購入を勧められたけれど、ケチな感情が発生して白だけはプチプラで代用したくなり、「白はもう多分あるので〜」と適当にごまかして購入しなかった。その後、会員カードの再発行の手続きで過去に購入履歴を調べてもらう場面があったのだけれど、3年前くらいに本当に同じ白のアイシャドウを買っていたことが発覚してミラクルかよと思った。ただもう買ったのが前すぎて、処分しているか下宿先or実家の奥底に眠っている可能性がある。

パーティを主催とか参加したりして最終的に川に入ったら風邪を引いてる

桐生あんずです。タイトルで完結している話です。

書き溜めてるネタがたくさんあるの色々と記事を投稿したいのですが、まずはリハビリがてらに最近の日常の話を書きます。

 

1,パーティを主催した

先週の金曜日はサクラ荘の毎月恒例パーティの企画者になってパーティを主催していました。

パーティ当日の1週間前にみんなで試作会をして本番での調理方法を確認しあったり、買い出しのスケジュールを組み立てたり、9日間ぐらいで開発したサクラ荘周りのイベントを管理・参加受付できるWebサービスをリリースするなどしていました。

結果的に30人程度の方が遊びに来てくれて、以前からパーティの幹事をしていた子からも「結構人が来ていた方だと思う」と言われたので、成功したんじゃないでしょうか。よかったです。サークラ同好会やシェアハウス界隈、私の知り合いのプログラマー界隈の人も遊びに来てくれて嬉しかったです。参加してくださった方ありがとうございました。

2,パーティに参加した

土曜日はid:hitode909さんとid:corinyouさんの結婚パーティに参加させていただきました。

会場にはインターネットで関わったことのある方や見たことのある方が沢山参加されていて、パーティ中は色々な方とお話しできて楽しかったです。

パーティ中は、お祝いコメントのVTRで様々な方が登場されていたり、3次会でLTが行われて昔の思い出を語る方が何人もいたりで、お二人が本当に様々な方に愛されていることが伝わってくる結婚式で本当に素敵でした。

本当に楽しかったなあという余韻がずっと残ってて3日経った今でもパーティの時の写真を見返して嬉しい気持ちになっています。これからも末長くお幸せに!

 

余談 

Googleフォームの「新郎・新婦との関係」でどう書いたらいいかめちゃくちゃ悩んだ結果「インターネット」と書いたら、名札にそのまま書かれていてビビりました。

f:id:kiryuanzu:20181017224001j:plain

他の人たちは普通に「新郎の同僚」や「新婦の友人」と書いていて変なこと書いたんじゃないかと不安になっていたら、何人かの人も私と同じく「インターネット」と書いていてホッとしました。よかった。

 

3,川に行った

結婚パーティーの次の日は、なぜか人々が鴨川に集結していました。起きた時適当に呟いたらいとおちゃんから「川」というリプライが届いていて、気がついたら体が川に行くように動いていました。

 川では、結婚式で会った人々と再会したり、ハロプロの音楽がかかって幸せな気持ちになってみんなで踊りだしたり、結婚式に参加した方のお子さんがやってきてみんなが吸い寄せられて微笑ましい光景が完成するなどがありました。あと一瞬だけ川に入りました。

その後は、DEN-EN(2日連続3回目)にみんなで行って、昔からいるインターネットの人とお話ししたり、同年代エンジニア女子の子とワイワイするなどしていました。

 

終わった後はカラオケに行って、濃密な2時間を過ごしていました。情報量が多すぎて書ききれません。

 マジで凄まじい会でした。

4,風邪引いた

月曜日から、頭がぼーっとする感覚と妙にしんどい感覚が続いてたのですがプログラミング勉強会とパーティの反省会を行う日だったので頑張ってフロントラインに出向いていました。

ただ、やっぱりそれが致命傷だったのか火曜日は朝から完全に風邪の症状になっていて、それでもずっと楽しみにしていた勉強会の日だったので頑張って外に出たら、完全に終わりになってしまい引き返して病院で薬をもらって今の状況です。

 川に入って数日後に風邪をひいてるの、漫画っぽくてなんか恥ずかしいですね。でも川に行ったのは楽しかったです。

 

とりあえず頓服を飲んで熱が下がって元気にはなってきています。でも頭痛と鼻水と咳が止まらなくて辛いです。早く本調子に戻りたい。

次の記事はサクラ荘Webサービスの設計話か誕生日の話について書こうと思います。

 

Ruby技術者認定試験Silverに合格したので勉強法まとめと感想

桐生あんずです。Ruby技術者認定試験Silverに合格したので勉強法や試験勉強を通して得たことなどを書いていきます。

 

 

1,Ruby技術者認定試験を受けた理由

Ruby技術者認定試験」とはRubyアソシエーションという非営利団体が実施しているプログラミング言語Rubyへの知識や実力を測る認定試験制度です。

www.ruby.or.jp

SilverとGoldに分かれており、Silverは「Rubyの文法知識、Rubyのクラスとオブジェクト、評文のライブラリの知識について」、Goldでは「Silverで求められる範囲(文法、オブジェクト指向、組み込みライブラリ、実行環境など)を更に掘り下げた知識に標準添付ライブラリ知識やアプリケーション設計に必要となるクラスやオブジェクトに関する知識」に関する実力を測るものです。(公式サイトから抜粋)

 

なんでいきなりこの資格を取ろう!と思ったかというと、今年の6月にあったRubyKaigiに参加し様々な発表を聞いてみてもっとRubyの言語仕様や内部構造をもっとちゃんと理解したいと思ったのと、同年代の子達がGoldまでちゃんと取っているのをみて凄いなあと思ったので私も取ってみたいと思ったからです。まあ羨ましかったんですよね。(下の記事にそこらへんの詳細が書いてあります)

kiryuanzu.hatenablog.com

というわけで夏休み中の時間のあるうちに勉強して受験することにしました。

2,勉強法

試験の1ヶ月〜2週間前は、とりあえずRubyKaigiの出張本屋さんで買った公式の合格教本を斜め読みしていました。過去問をやる前に文中の教材ページは全部目を通した方がいいと思い込んでいましたが今思えば非効率的だった気がする。

[改訂2版]Ruby技術者認定試験合格教本(Silver/Gold対応) Ruby公式資格教科書

[改訂2版]Ruby技術者認定試験合格教本(Silver/Gold対応) Ruby公式資格教科書

 

試験日10日前ぐらいになってから、そろそろ過去問をやらないとマズいのではと思い始めたのでネットで落ちている過去問を探して解いたり公式の合格教本のSilver基礎問題30問+演習問題50問を解く活動を始めました。

 

・使った教材一覧

Rubyがミニツク(Ruby技術者認定試験Silver対策問題集)

ネットで無料公開されているRubyの学習サイトです。

公式の問題集ではありませんが、様々な問題が用意されていて難易度も後半になっていくにつれ上昇していくので良い教材だと思いました。特にドリル5では試験でよく出てくるFileクラスやDirクラスの問題を中心に取り扱っていて勉強になりました。

あと4択クイズ形式のWebアプリケーションなのでスマホからでも解きやすくて電車の中でのスキマ時間中によく解いていました。(回答時のUIがちょっと見づらい部分もあるのが気になりますが)

公式模擬問題集

gistで公式の模擬問題集が公開されています。

最初に紹介したミニツクと比べると比較的容易な問題が多い印象でしたが、本番ではこの模擬問題集と似た形式の問題がそこそこ見られました。最初に答えを見ずにやってみて自分の実力がどれくらいなのか測ると良いかもしれません。(自分の場合は確か86点ぐらいでした)

公式の合格教本(基礎問題30問+演習問題50問)

公式で出されている問題集ということもあるのか、本番の試験の問題はこの本で出てきた問題の雰囲気と近いものが多かった印象でした。何回やっても損はないと思います。間違えた部分は該当するリファレンスの部分を読み込んで理解を深めるのを繰り返すのをやるとかなり効率的だと思います。

この教材のリファレンスもよく読み込んでいましたが、逆引きRubyもよく眺めていました。試験直前には家にあったパーフェクトRubyも引っ張り出して覚えることの多いFileクラスの章やTimeクラスの章を読み込んでいました。

 

改訂2版 パーフェクトRuby

改訂2版 パーフェクトRuby

 

 

勉強期間中にネットで合格体験記のエントリを巡回してみたところ、私と同じようにこの3点の問題集を回して試験勉強をしている方がかなり多かった印象を受けました。1発でちゃんと受かりたい方はこの3点を重点的にやることが大事だと思われます。

 ・頻出問題の傾向

過去問を解く内に「あっこういうタイプの問題がよく出てるな」と気付いてきたのでシンプルにまとめておきます。

・Stringクラス、Arrayクラス、Hashクラスまわりのメソッド 

・論理演算子の使い方(特に||や&&について聞かれることが多かった印象)

・クラスとインスタンスや、モジュールの動きやオブジェクトの所属するクラスを問う問題(superの使い方などがよく出る)

・ファイルの読み書きに関するもの("a","a+","r","r+","w","w+"の違いをちゃんと理解しているかなど)

・Timeクラスのメソッド(strftimeメソッドはどんな処理を行うものなのかなど)

・同じ動きをするメソッドについて(mapとcollect、selectとfind_all、findとdetectなど)

・!がついていない破壊的メソッドについて(concat,shift,unshift,pop,pushなど)

受ける方はこれらの内容を重点的に調べて学習していくのがオススメです。

・参考にしたサイト

リファレンスサイトを中心に眺めることが多かったですが、特定のメソッドについての解説や、Rubyについての小ネタをまとめたもの、知っておくとちょっと面白い情報などもちょくちょくリサーチしていました。

www.namaraii.com

リファレンスサイト。すごく見やすくて便利でした。

maeharin.hatenablog.com

最初はこのメソッド群に対しての扱い方に混乱していたのですが、これを読んでスッキリしました。

qiita.com

私と同じでRuby技術者認定試験Silverを受けた方の記事。!のつかない破壊的メソッドを一通り眺めたいときにすごく便利でした。

qiita.com

配列の抽出・検索を行うメソッドについて問う問題がかなり多いのでこういった情報がまとめられているとすごく助かります。

知って得する!55のRubyのトリビアな記法

こんなメソッドもあるのか〜と色々勉強になりました。betweenメソッド良いなーと思ったのですが確かにcaseで代用できちゃいますね……。

map と collect、reduce と inject ―― 名前の違いに見る発想の違い

同じ動きをするメソッドについて名前の違いに見る発想の違いをまとめたもの。手続き型言語関数型言語、どちらに沿っているかどうかということですごく興味深かったです。私もそろそろ関数型言語をちゃんと触ってみたい……。

 

3,合格して得たこと・思ったこと

周りにいる日常的にRubyを書いている人たちを見てると、別にこの資格がなくてもバリバリコードを書けている人はたくさんいるので、「この資格を取れば技術力がグッと上がる!!」みたいな期待はあまりなかったのですが、Ruby歴1年ぐらいのひよっこ学生エンジニアの自分の場合は勉強してみる価値は十分あったんじゃないかなと思いました。

業務中ではRailsを主に触っていて、雰囲気でRubyを書いている感が否めなかったのですが、この試験の勉強を通してRubyのクラスやインスタンスの仕組みやメタプログラミングについて、どんなクラスやメソッドが用意されているかなどを改めて包括的に知ることができたのでRubyの仕様に対して以前よりも具体的なイメージを持つことができるようになったと思います。この経験を糧にして今後コードを書いていくのが楽しみです。

といったように、得られたものはあったと感じているので、業務でRubyを触り始めたけどイマイチよく掴めない方や、Railsで個人サービス開発をしているけれどRubyに対してちゃんと理解できているか不安な人はこの試験に向いていると思います。

株式会社万葉さんも新人研修にRuby技術者試験Silverの受験を組み込んでいるとのことですが、新人Rubyエンジニアの方とはかなり相性の良い試験だと思ったのですごく納得しました。

 

4,まとめと今後の展望

6月のRubykaigiの時に立てた「苦しんで覚えるC言語」の読破とRuby技術者認定試験に挑戦するという二つの課題を達成できたので嬉しいです。

この流れでGoldの方も受けた方が良いと思ったので3週間後の10/5に試験をセッティングしました。「メタプログラミングRuby第二版」をそれまでに読まないとだ〜〜。この流れでどんどんRubyについて深く知っていけそうで楽しい。

今のところ3章まで読んでいますが試験勉強が功をなして書いてあることの意味がちゃんと分かって嬉しい。家に置いてあるEffective Rubyも合わせて読みたい。

 

メタプログラミングRuby 第2版

メタプログラミングRuby 第2版

 

 

Effective Ruby

Effective Ruby

 

 

ただ、受かったとはいえSilverの点が予想よりも結構低かったのでそこは反省した方が良さそう。Goldの方はギリギリ合格にならないように頑張ります!!!

そんな感じです。