桐生あんずです

エンジニア二年生です。日常やプログラミングについて書いてます。

週後半特有の疲れが溜まってきていたので、リビングでヨギボーに乗っかってだらだら休憩していたら地震がやってきた。

割と地震がでかくてどう動けばいいか咄嗟に判断できず、「怖い怖い怖い!!」と声を出していたら隣の部屋にいる同居人から「机!机の下入って!!」という声が聞こえてきてとりあえず目の前にあったリビングテーブルの下に潜り込んで揺れが収まるまで隠れていた。

無事ではあったけど、しばらく体感しなかったレベルの揺れで怖すぎて1~2分ぐらい手の震えが止まらなくてびっくりした。咄嗟の判断でリビングのテーブルに潜り込んだけどそばにでかいテレビがあったので普通に危ない感じで、本来は自部屋の机の下で潜り込むべきだった。

次からはちゃんとそうしよう……と心から思ったのと、ずっと前から防災グッズを用意しようと考えているのにまだちゃんと進められていないので、とりあえず今家にある道具や長く持つ食材を一つのリュックサックにまとめるところから始めようと思った。