桐生あんずです

エンジニア二年生です。日常やプログラミングについて書いてます。

歯列矯正のためにカリエールとリンガルアーチを装着して2週間経った感想

歯列矯正シリーズの話です。

前回の進捗

  • 第一段階としてカリエールとリンガルアーチを装着した

kiryuanzu.hatenablog.com

今回の進捗

すっかり慣れてきたらしく、全く痛みを感じなくなった。ゴムかけをしたまま1日20時間以上装着する習慣も忘れず続けることができている。正直、口に異物を入れてずっと過ごすといったような体験が本当に初めてだったのでかなりストレスがかかることを心配していたのだけれど、1週間経ったあたりから完全に慣れてしまった状態になり、人間の口内の順応力の高さにそこそこ驚いてしまっている。食後のゴムかけは確かに面倒だと思う気持ちはあれど、鏡を見ずにすぐに付けられるようになったので初期の頃にかかっていた負担よりかはずっと軽くなった感覚がある。

他に特筆することがあるとすると、装着から1週間経った際に病院から電話がかかってきて「装置に異常はないかどうか・ゴムかけはちゃんとできているかどうか」について確認されることがあった。特にゴムかけに関しては念入りに確認されたので、この矯正段階においてゴムかけは本当に重要なんだな……と改めて思わされた。

まとめ

次の通院はまだ2週間後なのだけれど、装着してそこそこの時間が経ったので一応現時点での状態を書いておいた。最初はそこそこ痛かったけれど今ではすっかり慣れたことに割と驚きっぱなしなのだけれどもっと時間が経つと何も感じなくなっていそう。口内炎のリスクも心配していたけれど、今のところあまり気にせず過ごすことができている。 次の通院では1ヶ月でどれだけはが動いたかどうかを確認できると思うけれど、鏡で見る限りはまだまだ変化が少ないように思える。この矯正段階がどれぐらいかかるかどうかも聞けるチャンスがあれば確認したいな〜。そんな感じで、次回の歯列矯正シリーズ記事では2週間後の通院の感想を書いていこうと思います。