桐生あんずです

京都在住大学生のブログです。日常やプログラミングについて書いてます。

今年の印象に残っている写真とともに色々と振り返る

 

この記事は、id:kewpiedesignさん企画の「今年撮った写真 Advent Calender 2017」9日目の記事です。

 

こんにちは、桐生あんずです。

「オッ今年撮った写真を振り返るのって楽しそうだな〜」と思いアドベントカレンダーに登録させていただきました。

この記事を書くまでに今まで書かれた方の記事を拝見させていただいたのですが、どれもレベルが高い写真を載せている方々ばかりで普段写真なんてiPhone6のカメラでしか撮らない人間が担当して良いのだろうか…!?と震えながら書いております。

 

そんな感じで、この記事を見た方のお目汚しにならないように自分の小話も挟みつつ書いていきたいと思います。

まず、今年撮った写真を見返していて気づいたことがあります。

「動物(主に犬、猫、孔雀)が6割で人間と食べ物が3割で、風景写真ほとんどないやんけ。」

例:10/6のカメラロール

f:id:kiryuanzu:20171209144046p:plain

 

このように大学にいる猫やそこら辺にいる動物を私は気が向いたら連続的に撮り続けていることに気づきました。あと食べ物&酒だったり友達となんか変なことをしている写真を頻繁に撮っていることに気づきました。

なので、その中の写真からちょっとイイ感じに撮れたと思う写真を紹介していきます。

 

1,動物

 私は動物を撮るのが割と好きな方だと思います。今年(それ以前から撮ってると思うけど)の主な被写体は自分の大学にいる大学猫*1、実家の犬、白浜のアドベンチャーワールドにいた動物たちでした。

 

f:id:kiryuanzu:20171209145127j:plain

三匹揃って雨宿りをしているとき。

f:id:kiryuanzu:20171209145129j:plain

真夏の中、耐えきれず伸びきっているとき。

 

この子たちは、いつも同じ場所でだらだらしたりじゃれあっておりとても微笑ましいつい足しげく通っています。大学に人間の友達がいない人たちにとってこの猫たちは大学における最大の癒しでしょう。

 

実家の犬の写真も帰省する時によく撮っています。

f:id:kiryuanzu:20171209150802j:image

 こっちの動物も伸びきっていますね。

f:id:kiryuanzu:20171209150602j:image

駐車中のワンシーン。この後盛大にクラクションを鳴らし外にいた人たちから注目を浴びました。

 

動物の写真はいつ見返しても癒されるので好きです。

 

2,ご飯とかお酒とか

2番目に多かったのはご飯とかお酒の写真でした。といってもInstagramにあげるようなオサレ系より人とワイワイしながらビールやら日本酒の瓶とか撮ってる写真ばかりだった。

その中でもお気に入りの写真を数枚上げさせていただきます。

f:id:kiryuanzu:20171209151315j:image

サークラ同好会の白浜合宿で撮ったもの。

とれとれ市場で両方とも買ったのですが、ちょっと残ってたお酒をもったいないからと最終日の朝に飲んだらちょっと困った感じになりました。

f:id:kiryuanzu:20171209151615j:image

たぶん西院のお店で撮った日本酒たち。

完全に先輩たちの影響なんですけど、こういうズラーっと日本酒が並んでるとテンションが上がります。

3.友達とノリで撮ったやつ

 

f:id:kiryuanzu:20171209151658j:image

これもサークラ同好会の白浜合宿で撮ったもの。(そして加工したもの)

確か、この腕は後輩ちゃんの腕だったはず…。

花火をしている最中、「ろうそくを垂らす遊び」が突然流行りカオスな写真が誕生してしまいました。

今見返すと楽しい写真(のように思える)けど異常な空間だった…。(熱そうで熱くない安全な遊びです。)

 

まとめ

 

1年間撮った写真を見返してみると、撮った写真で自分の性格(動物と日本酒と変なものが好き)がよく出るな〜〜となりました。とても恥ずかしい。

 

Instagramでは、中高の同級生たちの目線を意識してできるだけおしゃれな写真を上げるようにしています。

でも、今年の3月あたりからエンジニアの人たちにInstagramを相互フォローさせていただくようになってから、日常的な写真(今日の朝ごはんとか、釣りの風景とか、カヌレや猫とか…)がTLに並ぶようになりました。

こういった写真たちを見ていると、「もっと息を抜いた写真を投稿しちゃっても良いのかな〜しちゃいたいな〜」という気にさせられます。

 

来年は、そういった生活感ある個人的に好きな写真もInstagramでアップロードできたら良いなあという願望(?)を残して、今回の記事を締めさせていただきます。

 

*1:ボランティアサークルの方々が毎日お世話をしているみたいです。写真を撮ったり猫が嫌がらない程度に触るだけなら大丈夫みたいですが、エサはあげちゃだめなので会いに行く際は気をつけてくださいね。