桐生あんずです

京都在住大学生のブログです

MMORPGの思い出を記してみる

 id:cureatoroさんの↓の記事を見て、「あっ昔やってたネトゲのこと話すの楽しそうだな〜」と思い書くことにしました。

cureatoro.hatenablog.com

 

ちょっと前の記事でもちょくちょく書いてたり、Twitterでもよく話したりするのですが、私は中学生1年の夏から、中学2年の学期末の間までずっと、今は「パズドラ」で有名なゲーム会社、「ガンホー」が運営する「ラグナロクオンライン」にドンバマりしていました。

ragnarokonline.gungho.jp

 

テレビで紹介されるような、学校にも行かず引きこもるタイプの「ネトゲ廃人」とまではいかなくても(学校は親に無理やり行かされ続けて皆勤賞だった)、当時の自分を思い返すと完全に「ネトゲ中毒者」でした。

約1年半の間、テスト期間以外は確実に毎日ログインし続けており、平日4時間、休日7時間以上はプレイしていた記憶があります。

また、課金システムもかなり利用していて、「ラグくじ」という1回数千円の課金をすることで中々手に入らないアイテムをもらえるという昨今の人気ソーシャルゲームそのまんまのシステムにも踊らされており、お年玉などを沢山使い込んだ覚えがあります。

ラグナロクオンラインは、基本プレイは月額1500円なのですが、スペシャルアイテムやレアアイテムを手に入れるためにはどうしても更なる課金が必要になっていくのです。

例えば、年数回、レアなアイテムが何点ももらえるコードが記されたパッケージが公式により販売されます。そのパッケージの値段は1万円なのですが、当時レア装備が欲しすぎて頭がおかしくなっていた私は何回も買っていた覚えがあります。

周りの人も頭がおかしくなっており、1度にパッケージを5,6個買っている人もいました。

当時の総プレイ時間と総課金額を今考えてみると、確実な数字はわからないのですが、1年半の間毎日4~10時間はプレイしていたと考えると、2000時間以上は確実にやっており、課金額もガチャ代やパッケージ代、アカウント2つの運用費代や、2アカウント2PCのために買ったネットブックのお金を考えると普通に総額10万超えてそうで怖いです。全部親の金です。

考えてみた結果、親や祖父母に本当にごめんなさいと謝りたくなりました。

 

ここまでMMORPGにハマった原因は、なんだったんでしょうか。

それは、「人間」だと思います。中学生だった私は、ラグナロクオンラインの世界に入ったことで、社会人やニート、大学生といった、田舎の中学校では知り合えないような人間たちと関わり続けるという非日常体験をずっと享受できるようになり、同年代の社会よりもネトゲの社会の方に楽しさを感じるようになってしまいました。

ちょっとしたことでいじめや陰口が発生する、閉鎖的すぎる中学生の社会に耐えきれず、顔も名前も明かさなくていい匿名の世界に安心感を強く覚えていたのだと思います。つまり現実逃避のようなものだったのですが、ラグナロクオンラインがあったおかげで心を病まずにはいられたと思います。

当時は、「自分は精神年齢が高いから年上の人たちと話していた方が話が合うし楽しい」のような恥ずかしいことをずっと考えていたのですが、それは周りの年上の人たちが子供の私に気を遣って合わせて話しかけてくれていたのではないかと思っています。

今考えると、恥ずかしいことばかりしてきた思いもあるのですが、サブカルチャーの知識に富んでいる人や、情報系のお仕事をしている人と初めて知り合えたのはこの場所でした。

その出会いによって、今の私の趣味の感性や将来やりたい仕事についての考え方は形成されるようになっていったと今でも思います。

時間もお金も無駄にしてしまったと思うこともありますが、ラグナロクオンラインをやっていなかった自分がそんなに人生ちゃんとうまくいってるとも思えないんですよね。何かしら好きなことは見つけられていたとしても、インターネットで面白い人や出来事に出会おうとする好奇心や行動力は生まれなかった気がします。

臭い感じの自分語りになってきたのでこの話は止めます。

 

もっと具体的な面白い話をしてみたかったんですが、どこで挟めばいいかわからなかったのでブログに上げるために描いてみた漫画っぽい何かをこのタイミングで上げちゃいます。

f:id:kiryuanzu:20170911063339p:plain

f:id:kiryuanzu:20170911063400p:plain

 

ラグナロクオンラインの面白かったことの一つは、ゲームでの性別は女の子でも、10人に9人は実際は男の人だったことです。

ガッツリネカマを演じる人もいれば、一人称を「僕」にしてぼくっこの自分萌え〜みたいなことをしてる人もいました。

ネカマ同士がチャH(わからない人は調べてみよう!)をしているスクリーンショットをMSNメッセで送りつけられたこともあります。

 

他にも、このゲームの中で人生初めてメンヘラ的な人と交流してギルドが壊れそうになったり、自撮りを要求されてデジタルカメラでフラッシュ炊いて顔だけ見せない自撮りを送った話とかあるんですが、思い出したら漫画にしてアップできたらいいなと思います。

当時のちょっと不思議なインターネット文化にどっぷりと浸かってしまったせいで今でもインターネット中毒なのかなと思います。今でもMSNメッセがある時代に帰りたいと思ってしまう。(Discordでいいやんけ)

 

そんな感じでMMORPG(ラグナロクオンライン)の思い出はこんな感じです。