読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐生あんずです

京都在住大学生のブログです

デジタルパーマをかけたらオタク女の髪型をやめることができるのか

お久しぶりです。今日は美容院に行ってきました。

今回はとある野望を果たすためにかなり前から美容院を予約していました。

その野望とは…中高生(オタク女)な見た目から脱却することです!!!

f:id:kiryuanzu:20170304003126p:image

 

本来、直毛気味で定期的に縮毛矯正をかけていた事もあり自分は中学校の時から黒髪ぱっつんストレートで通していました。時期によってはボブになったりロングになったりしてきましたが、大抵当時の友人たちからは、

「小学生に見える」(中学・高校の友人)

「日本人形とか市松人形っぽい」(高校の友人)

ちびまる子ちゃんの野口さんに見えた」(高校にいたヤンキー)

「平安美人」(中学の時好きだった男の子)

など、それもう髪型以外の見た目の要素も関係してない?と地味に傷付きながら、厳しい校則や自己肯定感の低さにより茶髪やパーマにする勇気はなく中高時代を過ごしていました。

参考画像

f:id:kiryuanzu:20170303233007j:image

 

大学に入ってからは、勇気を出して茶髪にしたことで、大学の一部の人たちから好評を受け調子に乗ってどんどん色を明るくしたところ、色素が薄くなって一部分だけ金髪になったり髪質がキシキシになり始め、終いには地元の友人に「田舎のヤンキー感ある」と指摘を受け、茶髪に飽き始めていた事もあり黒染めをしました。

 

もうある程度のメイクやまつエクを覚えた事もあって、昔みたいなことは言われることはそこまでないだろう…と思っていた矢先のことでした。

去年の10月頃にゼミの同期の人と地獄少女のアニメの話で盛り上がっていたところ、

 

「○○さん(私)も地獄少女みたいな見た目だよね!」

え、あ、マジか…。日本人形ルックな見た目は変わりなかったらしい。自己分析が足りていませんでした。

 

その後、12月に東京に行った時もガールズバーの女の子に「高校生かと思った〜」と言われノンアルコールドリンクを出されたり、友人からは「大学生に見えないし市松人形っぽいよね」と追撃を喰らいました。

 

その後、どうしたら中高生オタク女の見た目から脱することができるのかずっと考えている間、年明けにオタクサークルの後輩と久々に出会うという出来事がありました。

なんと純朴な田舎青年の見た目だったオタクの後輩が、映画版『何者』の岡田将生似のサブカル男子に変身していたのです。

どんな事があったか詳しく聞くと、成人式に備えてイメージチェンジをするために美容師の人に「山崎賢人みたいにしてください」とお願いしたところ、

デジタルパーマなるものをかけられその後普通のメガネを丸眼鏡にしたことで、オタク的な見た目からサブカル男子へと変貌を遂げた模様。結果的に山崎賢人になったかは謎ですが、かなりのイメージチェンジに成功していました。

パーマをする事でここまでオタクを変えることができるのか…!という衝撃を受けました。

この話により、パーマに対する私の関心が爆上がりしました。

今まで私の中でパーマとは高校の文化祭で染髪を禁止された為にクラスカースト上位の女子たちがこぞってパーマをかけたことで逆に没個性になっていたことや、ゆるふわな感じのギャル系モデルがとりあえずかけてるイメージくらいしかありませんでした。

 

いとこの結婚式が近い内にあることも加え、イメージチェンジを図る為に、美容院でとりあえずカラー・パーマを予約しました。(ここまでが導入部分です、長くてごめんなさい)

 

まずはカラーをする為にアッシュブラウンぐらいに染めてくださいとお願いすると、

美容師さん「この前黒染めしましたよね?だからあんまり染まらないかも…。あと縮毛矯正もしたあとがあるからパーマかけてもあんまりかかんないかも」

最初の段階で野望が崩れ落ちようとしていました。

私「じゃあせめて、重い感じになってるのを変えて欲しいです。前髪とかも重たいと思うので軽くしたいです」(直訳:オタク女的な見た目から脱させてください)

美容師さん「う〜ん、せっかくカラーもパーマもしたくてきたのに何もできないのは可哀想だからデジタルパーマかけようか!」

私「ありがとうございます!(デジタルパーマがどんなものか分からんけど!)」

 

早速シャンプーしてもらい、数分後…

 

f:id:kiryuanzu:20170303194048j:image

脳改造手術みたいなのが始まろうとしていました。頭重たいし、なんかめっちゃコードみたいなの付けられてる。オタク的な見た目から抜け出す為には脳改造からしなければならないのか…と考えながら、電気熱の暖かさを感じていました。

 

美容師さん「デジタルパーマかけると最初超くるくるするけど失敗したわけではないから心配しないでね!最初みんな目が点になるけど!多分超びっくりするよ!」

美容師さんから事前に宣告?を受け、言い方がツボに入ってしまいちょっと笑ってしまいました。最初はかなりくるくるするらしい。

解くまでの待ち時間、他の美容師さんからも「ほんとびっくりするからね〜」と言われました。

 

解くときがやってきました。

f:id:kiryuanzu:20170303200727j:image

美容師さん「ね!めっちゃくるくるでしょ!サザエさんみたいになって面白いよね〜」

私「え、はい(何度も言われてくるとつまんないな…)」

 

よくわからない液体を塗りたくられると、くるくるが収まりました。

f:id:kiryuanzu:20170303204802j:image

カットの作業が始まり、ふとした考えが浮かんできました。

(これ、欅坂46平手友梨奈ちゃんみたいにしてくださいって言いたくなってきた…)

私は美容院でカットをする時に、好きなアイドル(声優) の写真を美容師さんに見せて「この子みたいにしてください」 とつい言いたくなってしまうことがあります。

過去の例を挙げると、前髪を切るとき上坂すみれの写真を見せてぱっつんカットをしてもらったりしてました。結果的にそこまで変にはならなかったけど後から恥ずかしくなりました。

最近ではゆるめるモ!のあのちゃんの写真を見せてカットをお願いしてました。

 

後から考えたらチョイスがオタク女のソレすぎて恥ずかしくなる事は分かっていても、ついリクエストしたくなってしまう癖があります。

私「あの…欅坂46平手友梨奈ちゃんって知ってますか…(写真を見せながら)」

美容師さん「うん、知ってるけど?」

私「あ、この子の髪型可愛いですよね〜でも黒髪ボブってほんと可愛い子しか似合わないですよねーハハハ…」

美容師さん「まぁねー、でも可愛くさせるのが僕らの役目だから!」

私「アッありがとうございます」

耐えた結果謎のコミュニケーションになったけど美容師さんの優しさに救われました。

 

その後ムースをコネコネされ、ボリュームをつけた結果、

f:id:kiryuanzu:20170303202348j:image

 こんな感じになりました。

ちなみに行く前です。(右)変化が分かりにくいというコメントがあったら凹みます。

f:id:kiryuanzu:20170303203317j:image

縮毛矯正をしてあったこともあり、強くかかったわけではありませんが、ストレートゆえの中高生っぽさや日本人形っぽさは多少薄れた結果になったと思います。

私のイメチェンしたい意思に真摯に向き合ってくれた美容師さんには本当に感謝です。

次はセミロングぐらいになったときにまたパーマをかけてみたいです。

 

余談ですが、私が美容院に行っていたとき実家の犬も美容院に連れてかれていました。

行く前

f:id:kiryuanzu:20170303202951j:image

行った後

f:id:kiryuanzu:20170303203456j:image

目が見えないだけで印象変わりすぎな気がします。